機器設定

センサ設定

KMIoTセンサの場合
  • KMIoTセンサに電池を挿入します。
Enoceanセンサの場合
  • センサを明るい場所に置いて充電する
  • ※直射日光レベルの明るさでソーラーパネルを上側にして数十分間置いてください。
    ※ただし、補助電池仕様のセンサの場合は充電の必要はありません。
  • 充電後、センサを測定場所に設置する

親機設定

親機を同一LAN上(サブネット)のルータまたはハブと有線LANケーブルで繋ぎ電源ケーブルを接続する
※注意
  • 本設定の前にハードウェア取扱説明書をよくお読みください。
  • 有線LANケーブルを接続した時点でDHCPにて自動的にIPアドレスが割り振られます。
  • ■■■親機とインターネットの接続を無線LAN(WiFi)で運用する場合には以下の「1.親機設定」を実行してください。
    ■■■無線LANを使用せずに現在接続中の有線LANで運用する場合には「ネットワーク設定」は必要ありません。「2.センサ・親機をKMIoTシステムに登録する」に進んでください。
    1. 親機(KMIOT-GWL)設定 - WiFi設定

    2. 一般家庭など直接ルータのWiFi接続を行うような単純なLANをご利用の場合は親機のWiFi設定を簡単に行うWindowsパソコン用ツールを公開しています。ケミオットの親機のwifi設定をするをご参照ください。
      本ツールにてWiFi設定が完了した場合は下記の以降の 1. の手順は必要ありません。
      必要に応じてお試しください。
      Windowsパソコンを使用していない場合は以下の手順でWiFi設定を行ってください。
      • ブラウザで親機にポート8080でアクセスする
      • Windows 10 の場合
        http://kmygw.local:8080
        Windows 10 以外または上記でアクセスできない場合
        入力例:
        http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080
        ※「IPアドレスxxx.xxx.xxx.xxx」
        にご使用のLANで親機が自動(DHCP)で割り振られたIPアドレスを指定します。現在のIPアドレスが不明な方は「ケミオット親機のIPアドレスを取得する」をご参照ください。
      • ご使用のWiFi環境のSSID、Password/<IPアドレス固定>の場合にはIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを指定して[送信]ボタンをクリックしてください。
      • ご使用のLAN環境に本親機(KMIOT-GWL)以外に接続している機器がない、接続している機器はあるがIPアドレスが変化してもよい、などの場合は「自動」を選択できます。(※その場合はIPアドレスなどは自動で設定されます。)
      • 再起動処理が開始されたら、有線LANケーブルを抜き、再起動完了後(※1分~2分かかります)
        http://kmygw.local:8080
        または
        http://[指定したIPアドレス]:8080

        に再接続して画面が正常に表示された場合は起動が成功、WiFi設定完了です。

        エラーが表示された場合は、入力データを確認後再度設定をしてください。
        エラーが繰り返し表示される場合には「初期化」ボタンをクリック後、再度設定をしてください。
    3. センサ・親機をKMIoTシステムに登録する
      • 上記設定が全て正常に完了後、

        でセンサ登録・親機登録をそれぞれ行ってください。登録後、センサとの通信があった時点でメイン画面に登録したセンサが表示されていれば成功です。

    注意
    AC電源アダプタを親機から直接抜かないでください。
    親機の電源を切断する場合は、AC電源アダプタの電源を直接切らずに本Webページから「電源を切る」で親機プログラムを終了後(1~2分かかります)AC電源アダプタを抜いてください。(または電源アダプタのスイッチをOFF)
    直接コードを抜くなどした場合、最悪の場合親機内部のプログラムが起動しなくなる場合もあります。

    Copyright© KMIoT_Help , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.