センサ情報



  • センサ名初期値はセンサ固有のID(※センサ本体に記載)が設定されています。
  • 現在登録されているセンサに任意のセンサ名を設定します。

警報通知設定





    • メール・LINE送信間隔を10分/30分/1時間/1日単位で設定できます。
      ※ただし、「ドア開け閉め」「人感」「呼び出し」各センサの場合の感知メールは本設定に関わらず感知直後に送信します。
    • メール・LINE送信判定は指定時間ごとにぞの時点のデータによって判別されます。
      ※例 10分指定の場合
      10:00に警報状態の場合【メール・LINE送信】 ⇒ 10:05分に警報状態の場合【メール・LINE送信】無し
      11:00に警報状態の場合【メール・LINE送信】 ⇒ 11:10分に警報状態の場合【メール・LINE送信】
      (この間警報状態が継続または解除→警報の場合も動作は同じ)
    • 警報メール・LINEを送信するメール・LINEトークンを追加できます。

※LINEトークンはLINE IDとは異なります。以下のページより取得したLINEトークンを入力してください。( サービスの連携などは特に必要ありません。)
https://notify-bot.line.me

  • 待機から警報監視の再開までの時間を指定できます。 ※「ドア開け閉めセンサ」と「人感センサ」の場合のみに適用されます。 ※本設定をすることで待機ボタンをクリックした後、連続で警報メール・音通知が届くことを防止できます。 ※例. 5分指定の場合 10:00に警報状態から待機状態  ⇒ 10:02分に感知の場合【メール・LINE送信・音通知】無し(※ただし、画面には最新の情報が表示されます。)  10:08に感知 ⇒ 警報状態【メール・LINE送信・音通知】
  • 通信エラーの場合は警報送信間隔よらず30分毎に送信されます。

CSVダウンロード



  • 指定期間(日付単位)のCSVデータを各センサごとにダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイル名にはセンサ名とダウンロード日付がつけられます。「センサ名_年-月-日-時間-分-秒.txt」
    ※TXTデータの文字コードはUTF-8です。文字化けするような場合にはご利用のテキストエディタの文字コード設定などをご確認ください。

アジャストメント



  • センサの測定数値の調整をします。
  • 測定データを表示・ダウンロードする際に最後に設定したアジャストメント数値が反映されます。
    ※クラウドに保存されるセンサの測定データはアジャストメント設定の有無に関わらず測定時のセンサデータがそのまま保存されています。

Copyright© KMIoT_Help , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.