警報設定

    • 各センサごとに警報設定ができます。警報設定をしたいセンサを選択後、各設定を行ってください。
    • メール送信設定に従って警報発生時にメール送信ができます。
      (※同時にLINE送信ができます。)
    • 呼び出しセンサ以外の音通知機能はオプションとなります。詳細は別途お問い合わせください。

【温湿度】



 

 

  • センサコンボボックスで指定されているセンサの温湿度上下限値が設定できます。
  • [警報発生時にメール送信]
    チェックをした場合、指定警報間隔ごとに温度・湿度データをチェックしデータのいずれかが設定した上下限値範囲外になった場合、警報発生時にメール送信できます。
  • [有効時間]
    チェックをした場合、指定された開始時刻~終了時刻の間のみ警報設定が有効になります。
    ※「開始時刻 > 終了時刻」の場合は終了時刻が翌日となります。
    ※チェックをしていない場合には終日警報設定が有効になります。

【開け閉め】



 

 

  • センサコンボボックスで指定されている開け閉めセンサの開閉判定時間が設定できます。
  • [警報発生時にメール送信]
    チェックをした場合、指定警報間隔ごとにOPEN(開いている)/CLOSE(閉じている)で指定された時間(分単位)以上、どちらか同じ状態が続いた場合にメール送信できます。
  • [開閉ごとにメール送信]
    それぞれチェックをした場合
    ドアが開いたまたは閉じた場合にメール送信できます。
  • [有効時間]
    チェックをした場合、指定された開始時刻~終了時刻の間のみ警報設定が有効になります。
    ※「開始時刻 > 終了時刻」の場合は終了時刻が翌日となります。
    ※チェックをしていない場合には終日警報設定が有効になります。

【呼び出し】



 

 

  • センサコンボボックスで指定されている呼び出しセンサの呼び出し判定が設定できます。
  • [呼び出しごとにメール送信]、[呼び出しごとに音で通知]
    チェックをした場合、呼び出しボタンが押された場合にメール送信または音で通知できます。

【人感】



 

 

  • センサコンボボックスで指定されている人感センサの人感判定時間が設定できます。
  • [警報発生時にメール送信]
    チェックをした場合、指定警報間隔ごとに「人感無時間」で指定された時間(分単位)以上、人感が感知されなかった場合と「人感有時間」で指定された時間(分単位)以上、人感が続いた場合にメール送信できます。
  • [感知ごとにメール送信]
    チェックをした場合、人感が感知された場合にメール送信できます。
  • [有効時間]
    チェックをした場合、指定された開始時刻~終了時刻の間のみ警報設定が有効になります。
    ※「開始時刻 > 終了時刻」の場合は終了時刻が翌日となります。
    ※チェックをしていない場合には終日警報設定が有効になります。

※注:
人感感知ができる間隔は最小で1分間間隔(センサ仕様参照)となります。
直近の人感感知から1分以内の人感感知はされません。

【加速度】



 

 

  • センサコンボボックスで指定されている加速度センサの停止機能有効時間が設定できます。(※有効時間内でセンサの動きが2分間以上ない場合を停止状態とします。)
  • [警報発生時にメール送信]、
    チェックをした場合、
  • [有効時間]
    チェックをした場合、指定された開始時刻~終了時刻の間のみ警報設定が有効になります。
    ※「開始時刻 > 終了時刻」の場合は終了時刻が翌日となります。
    ※チェックをしていない場合には終日警報設定が有効になります。

Copyright© KMIoT_Help , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.